体の中から強く美しくしてくれるという、スーパーフードのひとつ「フラックスシード」の3大有効成分と、期待できる効果についてまとめてみました。

1.αリノレン酸(オメガ3系の必須脂肪酸)(美肌効果)

フラックスシードに含まれる成分中の約20%がαリノレン酸(オメガ3系の必須脂肪酸)。

体内で作り出すことができない成分なので、食品から摂取する必要があります。

αリノレン酸は、体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に合成されて動脈性疾患を予防してくれます。
 
[char no=2 char=”ユーコ”]他にも水分代謝を良くして、お肌にハリと潤いを与えたり、紫外線によるダメージから肌を守ってくれる美肌効果もあるんだって~[/char]

[char no=1 char=”チエゾー”]オメガ3の含有量はゴマの160倍なんだよ。

しかも、必須脂肪酸と言われている「オメガ6」と「オメガ3」の割合は、2:6という理想的なバランスで含まれているんだ。スゴイよね。[/char]

現代人はオメガ6の摂取割合が高くなりがちと言われていますが、体内のオメガ6とオメガ3のバランスを整えることで、脂肪代謝がよくなり、血液の質も向上。

アトピーや花粉症などの現代病改善にも効果が期待できるのだそう。
 

その他の効果
・動脈硬化・高血圧の予防
・脳梗塞・心筋梗塞の予防
・免疫改善・免疫力アップ
・アレルギーの緩和
・脳細胞の活性化

2.リグナン(女性らしさを保つ)

フラックスシードに含まれる成分中、リグナンの含有率は1.2%。植物の中では最大の含有率です。

抗酸化作用があり、腸内で女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをして、女性らしさを保つ助けをしてくれます。

その他の効果
・コレステロール値を下げる
・動脈硬化・虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)のリスクを軽減
・アルツハイマー病を予防
・更年期障害の症状軽減・改善
・乳がん・卵巣がんの予防
・大腸がんの予防
・前立腺がんの予防
・骨粗しょう症の予防
・炎症反応の緩和
・ホルモンバランスの改善

3.食物繊維(便秘改善)

食物繊維には水溶性と不溶性のものがあり、1:2の割合で摂るのが理想的と言われています。

水溶性食物繊維(きのこ・海藻・オクラ・キウイなど)
不溶性食物繊維(キャベツ・レタスなど)

フラックスシードには、両方の食物繊維が理想的な1:2に近いバランスで含まれていて、腸を活発にしてくれます。

寄生虫などを除去して腸内環境を整えるデトックス効果の他、過剰な糖分や脂質の効果も抑えるという嬉しい効果も。腸内細菌叢(腸内フローラ)をいい状態で維持してくれます。

たとえば、人工的に行う腸内洗浄は、腸内の【約50cm】というわずかな部分のみに作用します。

【腸全体】を洗浄するには、フラックスシードを3週間食べ続けることが最適なんだそう。


 
[char no=2 char=”ユーコ”]フラックスシードの食物繊維は、脂質代謝の調整にプラスの効果を与えて、より迅速に脂肪を燃やし、体重を減らす助けをしてくれるのだそう。

ダイエット効果も期待できそうですね♡[/char]

その他の効果
・便秘解消
・大腸がんの予防
・肌トラブルの改善
・ダイエット効果

その他の効果

・貧血予防
鉄分やマグネシウムなどのミネラルが豊富で、貧血を改善する効果も。

・脳の老化防止
ビタミンB1と呼ばれるチアミンは、記憶力や学習能力を向上させる働きがあって、脳の老化防止に役立ちます。アンチストレスの作用も。

100gあたりの主な栄養素

カロリー 534kcal
たんぱく質 18.29g
食物繊維 27.3 g
葉酸 87 μg
ナイアシン 3.08 mg
パントテン酸 0.985 mg
ピリドキシン 0.473 mg
チアミン 1.64 mg
ビタミンE 19.95 mg
カルシウム 255 mg
ポタシウム 813 mg
銅 1.12 mg
鉄 5.73 mg
マグネシウム 392 mg
マンガン 2.48 mg
亜鉛 4.34 mg

[char no=2 char=”ユーコ”]フラックスシードは、特にビタミン・ミネラルが豊富で、マグネシウム・マンガン・銅・チアミン・ビタミンEは、1日の推奨量を満たすほどたっぷり含まれているという、まさにスーパーフード!

普段の食生活の中に、上手に取り入れていきたいですね。[/char]