憧れのブランドFOXEY(フォクシー)社主兼デザイナーの前田義子さんが主体となって発行している「FOXEY MAGAZINE」という雑誌。

2016年春夏号では、前田義子さんの旅行コーディネートが特集されていて、その中でとても素敵なファーベストをお召になっていました。

ホットフラッシュに対処できるファッション

(60代とは思えない若々しさ!)

この写真に添えられていたエッセイには、更年期障害のホットフラッシュの対処方法として、「ノースリーブの服を着て、気になる二の腕は毛皮をはじめとした羽織ものでセンス良く隠す」という着こなしがおすすめされていました。

年齢とともに二の腕を出したくなくなるのは、私も経験済み。そんな悩みは、毛皮をはじめとした羽織ものでセンス良く隠すことで解決できます。
若い方はご存知ないでしょうが、更年期を迎えるとホットフラッシュという症状が現れるのですが、そんな時にも羽織ものがあれば大丈夫! 羽織ものは着こなしをお洒落にしてくれるだけでなく、暑いときは脱ぎ、寒いときには着ることで気温差にも対応できることから、年齢を重ねた女性にはもちろん、そうでない人にとっても欠かせないものだと思います。

たしかにFOXEY(フォクシー)のお洋服は、ノースリーブものが多いんですよね。

動きやすく楽に過ごせる、ということの他に、ホットフラッシュにも対応できるような着こなしを、というのは、60代という年齢になられたデザイナーさんゆえに考えられる心遣いだと思います。

以前、治療目的でホルモン剤を使用していた時、副作用として更年期障害のホットフラッシュのような症状を体験したことがありますが・・・突然かーっと熱くなる感じ。辛いやら恥ずかしいやらで大変でした。

更年期障害の症状はいろいろとあって、体も心も大変な時期ですよね。

そんな時期は、素敵なお洋服のパワーも借りて、快適に、明るい気持ちで過ごせる時間を少しでも増やしたいものです。

ぜひ、前田義子さんの着こなしをご参考に。日々のおしゃれを楽しんでください。

更年期の疲れが、いつの間にか・・・