以前、婦人科の病気で手術が必要になったとき、なんとかお腹を切らずに改善できないか・・・と、いろいろな改善方法を試しました。

そのとき、漢方薬を処方してくれた中医学の先生が、こんなことを・・・

「漢方薬は手のひらに乗る程度。サポートはしてくれるけれど、体をつくっているのは食事だから、食べるものから改善しないと体は変わらない。」

なるほどそうだな、と思い、素直に食事改善を実践しました。そして、2ヶ月後には手術が必要だった症状は、すっかり改善していたのです。

もちろん、プロのサポートを借りての食事改善だったので、効果がすぐに出たのだと思います。

でも、自分でできることもたくさんあるし、逆を言えば、自分にしかできないこと でもあります。

食事をコントロールして、むずむず脚症候群の辛い症状を改善できたとしたら・・・それは「また症状が出たとしても大丈夫」という「自信」につながると思います。

むずむず脚改善に効果的な食べ物

むずむず脚症候群の辛い症状を改善するために「効果的な食べ物」というのは、確かにあると思うので、それを取り入れていくことは大事。

そして、栄養素はお互いにサポートし合って効果を発揮するものなので、バランスの取れた健康的な食事を心がけることはもっと大事です。

例えば、むずむず脚改善にいいとされている食事や栄養素について調べてみると・・・

鉄分の他にも、ビタミンB群(特にビタミンB1、B6、B12、葉酸)、亜鉛などが欠乏しても神経障害からむずむず脚症候群を発症することがあるので、気をつけましょう。ドーパミンの原料となるタンパク質も大切です。また、アミノ酸を体内に取り込むには糖質が不可欠なので、炭水化物も必要です。

鉄分が多い食材のみを単体で食べていても、体内に効率よく吸収することができないので、「吸収を助ける食材」を合わせて食べることが必要になってきます。

そうすると結局・・・鉄分が取れるものを意識して食べるようにして、プラス、タンパク質や炭水化物もきちんと摂る。という「普通の食事」に落ち着きますね(笑)

鉄分を補う食材単体を摂るようにして、その他はカップラーメンや菓子パン、コンビニ弁当だったとしたら・・・どう考えてもダメですよね(^_^;)

ごはんとお味噌汁と季節の野菜類、そして、鉄分不足を補えるような食材。というように、基本的な食生活を心がけることが、むずむず脚改善、ひいては、健康のためにいちばんなのかな、と思います。

 
むずむず脚症候群は、
自宅で改善することができるんです・・・
 
 

むずむず脚症候群について

むずむず脚症候群とは?
どうして脚がむずむずするの?
むずむず脚症候群の症状が出る原因

むずむず脚症候群の治療・改善方法

むずむず脚症候群の検査・治療方法
病院は何科を受診したらいいの?
むずむずする症状の対処方法
・ 日常生活で気をつけること
 
 
むずむず脚症候群を改善した方々の体験談

むずむず脚専用【HQLスムージングマッサージクリーム】