むずむず脚症候群の症状が出た時に、お風呂のお湯につかると症状がやわらぐという人が多いようです。

お風呂に入ることで血行を良くし、体全体を刺激することにつながるんですね。湯船の中で脚のマッサージをするのも効果的だそう。
 
[char no=3 char=”?”]ムズムズする症状を抑えるには、どのくらいの温度のお湯に浸かるのがいいの?[/char]

[char no=1 char=”チエゾー”]最適なお湯の温度は人によって違うようで、ぬるめのお湯につかるとラクになるっていう人もいるし、熱いお湯や冷たい水の方が症状がやわらぐという人もいるみたいなんだ。[/char]

[char no=2 char=”ユーコ”]なんとなく、ぬるめのお湯にゆったり浸かるのがよさそう、って思っていたけど。

自分で一番心地よい温度はどのくらいかを、実際に試してみたほうがいいってことなのね。[/char]

むずむず脚の症状に効果があると言われているアロマオイル(精油)を入浴剤として入れたり、お風呂あがりのマッサージオイルとして使うと相乗効果が期待できそう。

アロマオイル(精油)を入浴剤として使う時は、バスタブに1~5滴程度を入れ、よくかき混ぜます。肌に直接触れるので、天然の精油を選びましょう。

おすすめは「ラベンダー」「カモミールローマン」、ドーパミンの分泌促進の芳香成分『リモネン』を含むアロマオイル「フランキンセンス」や、『オイゲノール』を含む「クローブ」のオイル。

※妊娠中の方は、使用するアロマオイルの種類には注意してください。

お肌の弱い方は、スイートアモンド油などのキャリアオイルで1%程度に希釈して使うと良いようです。

お風呂に入れない環境の時は

外出先などでお風呂に入れない状況の時は、ホッカイロで温めたり、保冷剤や湿布で冷やすという方法も。

足の裏に貼って寝ることで、朝まで目を覚まさずに寝られるようになった、という声も。

こちらも、温めるか冷やすか、人によって効果の出方が違うようなので、ご自身で試して心地よい方法を見つけてください。

 
むずむず脚症候群は、
自宅で改善することができるんです・・・
 
 

むずむず脚症候群について

むずむず脚症候群とは?
どうして脚がむずむずするの?
むずむず脚症候群の症状が出る原因

むずむず脚症候群の治療・改善方法

むずむず脚症候群の検査・治療方法
病院は何科を受診したらいいの?
むずむずする症状の対処方法
・ 日常生活で気をつけること
 
 
むずむず脚症候群を改善した方々の体験談

むずむず脚専用【HQLスムージングマッサージクリーム】