眼精疲労と肩こり首こり(ストレートネック?)を改善するために、さとう式リンパケアを自宅でやっています。

本やYouTube動画を見ながらやるだけでもしっかりと効果は感じられていたのですが、全国各地で無料セミナーをやっているということで、きちんとしたやり方を知るために、申し込んで行ってみましたよ!

20名くらいの参加者さんがいる中、なんとラッキーにも、佐藤青児先生に直接施術をしてもらうことができました。

左右を比べて左肩のほうが硬いね、ということで左腕を軽くくるくる・・・それだけでもう左肩が柔らかくなってる。

そして、耳たぶまわしや顔まわりをササッとなでていくと、どんどんリフトアップして、目尻があがり頬に張りがでて、小顔になっていく・・・す、す、すごい。

↓ このケアもやりました。動画では声掛けだけなんだけど、セミナーでは耳たぶくるくる。

小顔で肩楽?美首で肩楽?【さとう式リンパケア】

さらに、ウエストが細くなるケアもしてもらったら、紐で固くマーキングしたところがケア後にはゆるゆるに・・・

けっこう強めの巻き肩もピッタリとベッドについて、呼吸も楽になりました。

自分の変化は手鏡をかりて見てよくわかったのですが、その後に現役モデルさんが施術を受けていたのを横で見て、さらにびぃぃぃっくり!!

先生が助骨やウエストまわりをちょっと持ち上げる感じで、彼女が呼吸を数回繰り返すと・・・もともとヤセていてぺたんこだった体が、どんどん立体的になっていく!

つまり、正面からみるとウエストがきゅっとくびれた状態になっているわけです。す、す、すごい。

体ってこんな一瞬で自由自在に変化していくんだ!というのを間近で見ることができました。

今回は女性が多かったからか、小顔やリフトアップ、ウエストのくびれづくりなどが施術の中心になっていましたが。

膝が痛い、手が痛い、脳梗塞で麻痺した体のケアなども、何か特別なことがあるわけではなく、ササッとさするだけなんです。そしてゆるめる。

「屈筋理論」というのを理解していくと、いろいろな症状がケアできるようになるみたいですね。

しかし自宅でのセルフケアは、書籍や動画などで紹介されている「基本のケア」をやるだけでOK!

セミナーで力加減なども体感できたので(思っていた以上に軽く優しくゆるい力でした!)、書籍を見ながら自宅ケアを続けてみようと思います(^_^)

筋肉をゆるめる体操~体のコリと痛みに悩まない! (だいわ文庫)

耳たぶくるくる30秒美顔術: 耳たぶ回しで小顔になる! しわ、たるみオフ!