先日、旅先で注文していた本が、Amazonから届いていました。

欧米に寝たきり老人はいない

欧米に寝たきり老人はいない – 自分で決める人生最後の医療

終末期医療や寝たきりについて、考えさせられる内容です。

自分自身のこと、家族のこと・・・どう選択していくかは自ら選択したいもの。

知識が何もないままで事が起こってしまったら、きっとまわりに流されるままになってしまうと思います。

240ページの本なので、数日あれば読めそう。

欧米に寝たきり老人はいない

一度読んでみて、実家の家族にも送ろうと思っています。

感想はこちらのブログでもシェアしますね。

欧米に寝たきり老人はいない:感想①静かに人生を閉じていくのが自然な姿