[char no=3 char=”?”]チエゾーくん。むずむず脚症候群で病院を受診すると、どんな治療が行われるの?[/char]

[char no=1 char=”チエゾー”]まず最初に、二次性の病気(貧血など)の検査が行われるよ。[/char]

参考記事:むずむず脚症候群の症状が出る原因は?

むずむず脚症候群の検査

むずむず脚症候群の疑いがある場合、最初に行われるのが二次性の病気の検査。血液検査で鉄欠乏の状態や腎障害、尿毒症などの有無を調べます。

たとえば貧血検査では、血清鉄とフェリチンの値を見て、異常に低い数値の場合は鉄剤が処方されます。

鉄剤
 
[char no=1 char=”チエゾー”]補助検査として、一泊入院して受ける「終夜睡眠ポリグラフ検査」や、家庭環境で実施できる「アクチグラフ検査」などを受ける場合も。

この検査では、睡眠の深さや持続時間、周期性四肢運動の有無などを調べることができるよ。[/char]

周期性四肢運動とは
睡眠中に本人の意識とは別に、片足あるいは両足の不随意運動(ピクピク)が周期的に起こり、夜間の不眠や日中の過眠が生じる病気。むずむず脚症候群の患者さんの約80%にこの症状がみられるのだそう。

むずむず脚症候群の薬物治療

ムズムズする症状自体を改善するには、ドーパミンの作用を助ける作動薬「プラミペキソール」が有効とされています。

プラミペキソール

プラミペキソールはパーキンソン病の治療薬で、約8割の患者さんが改善を期待できると言われています。

薬の量は少ないので、副作用はほとんど現れないとされているそう。
 
[char no=1 char=”チエゾー”]プラミペキソールは、少し前まで日本では認可されていなかったのだけれど、最近になってむずむず脚症候群(レストレスレッグス・RLS)の治療薬として認可されました。[/char]

プラミペキソールを服用しても、脚がむずむずする症状に効果が現れない場合、クロナゼパム(抗てんかん薬)やオピオイド製剤(がんなどの痛み止め)が使われることもあります。

次のページ → 病院は何科を受診したらいいの?

 
むずむず脚症候群は、
自宅で改善することができるんです・・・
 
 

むずむず脚症候群について

むずむず脚症候群とは?
どうして脚がむずむずするの?
むずむず脚症候群の症状が出る原因

むずむず脚症候群の治療・改善方法

むずむず脚症候群の検査・治療方法
病院は何科を受診したらいいの?
むずむずする症状の対処方法
・ 日常生活で気をつけること
 
 
むずむず脚症候群を改善した方々の体験談

むずむず脚専用【HQLスムージングマッサージクリーム】