日曜日のお昼ごろから、体中にじんましんが出始めました。

けっこう盛大に出ていて、翌日には顔にまで広がってきたので、皮膚科に行ってまいりました。

食べ物などのアレルギー症状でじんましんが出た場合、食べて15分~30分くらいで、バーっと全身が真っ赤になるくらい強い症状がでるそうで。

私の場合は、前日のお昼からで時間が経っていたこともあり、これから重い症状になるということはないようでひと安心(^_^)

ただ、食べ物のアレルギーということは考えにくいとなった場合、それ以外のじんましんというのは、ほとんど原因不明なのだそうです。

ストレスや疲れ、寒さ、暑さ、など、本人が自覚していないところで体に負担がかかっていることが多いようです。

ということで、ひとまずはじんましんの薬を処方してもらい、一週間ほど服用することに。

急性のじんましんの場合は、5日~一週間程度でサーッとひいていくみたいです。

それ以上続く場合は、慢性のじんましんになり、しばらくは薬を服用しながら除々に減らしていく、という流れになるそう。

薬を服用している間も、何か対策できることはないかな~と、ナチュラルなフィトテラピー(植物療法)の本 をパラパラとめくっていたら・・・

アレルギー症状のかゆみには、ジャーマンカモミールが効果的と書かれていました。

早速、近所のナチュラルローソンでカモミールティーを購入してきました♪

ジャーマンカモミール(カミツレ)には、ヒスタミンというアレルギー症状を引き起こす物質を抑制する働きがあります。

ただし、同じカモミールでも、ローマンカモミールには抗ヒスタミン成分が含まれていないので、ジャーマンカモミールを選ぶのがポイント。

今回購入したポンパドールのカモミールティーに使われているのはどちらか表示がなかったのですが、ローマンカモミールは苦味が強く、ハーブティーにはあまり使われないようです。

( 後でネットで調べたら、ポンパドールのカモミールティーはジャーマン種らしいです )

ポンパドールのカモミールティーはとっても飲みやすくて美味しい♪

2杯目は豆乳を加えて、ソイミルクティーにしてみようと思います。

皮膚科の薬も飲みつつ、予防も兼ねてカモミールティーもしばらく続けてみます。

カモミールフラワー 20TB