パーキンソン病の発症には、脳の中の神経伝達物質「ドパミン」が関わっています。

私たちが体を動かすときには、脳の「大脳皮質」から運動の指令が出され、全身の筋肉に伝わります。その指令を調節しているのがドパミンです。

ドパミンは脳の奥の「黒質(こくしつ)」にある「ドパミン神経」でつくられ、「線条体(せんじょうたい)」に送られて、線条体からは運動を調節する指令が出されます。

大脳皮質からの全身への運動の指令に、線条体からの運動を調節する指令が加わり、体を円滑に動かすことができるのです。

ドパミンの減少

パーキンソン病では、黒質のドパミン神経が減少することでドパミンが十分につくられなくなり、運動の調節がうまくいなくなります。

ドパミン神経が減少する原因はよくわかっていませんが、加齢によって減少するため、必然的に高齢での発症が多くなります。

一方、若年で発症する場合は、特定の遺伝子異常が関わることが多いと考えられています。

症状がどんどん進行してしまい、手遅れになる前に・・・

【 パーキンソン病 関連記事 】
パーキンソン病のリハビリ体操PDFを見つけました
パーキンソン病を改善する効果がある食べ物、食べ方はある?
パーキンソン病の名医と呼ばれる医師がいる病院

【 パーキンソン病 基礎知識 】
パーキンソン病の症状
パーキンソン病の原因
進行の度合い「ヤール重症度」
初期症状の発見と診断