手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手首を通る「正中神経」が圧迫されて、しびれが起こるものです。

手の親指、人差し指、中指、薬指の親指側の半分の感覚と、親指の付け根の筋肉の運動に関わっている神経を「 正中神経(せいちゅうしんけい)」といいます。この神経は、腕から指先までつながっています。

正中神経は、手首の部分では「 手根管(しゅこんかん)」という管の中を通ります。手根管は、周囲を骨や靭帯に囲まれた管です。

この手根管の中で、何らかの原因によって正中神経が圧迫を受けると、親指から薬指にかけてのしびれが起こります。

何かに触れても感触がない、痛みを感じないなど、感覚が鈍くなるのも特徴です。

特に注意が必要な人

手根管症候群は、手首の骨折を経験している人に起こりやすくあんります。

骨折が治癒した後に手根管が狭くなり、正中神経が圧迫を受けることがあるためです。

そのほか、透析療法を受けている人、関節リウマチや糖尿病がある人、更年期以降の女性にも起こりやすくなります。

更年期以降の女性に多いのは、ホルモンのバランスが乱れ、手足がむくみやすいためだと考えられます。むくむことで、正中神経が圧迫を受けやすいのです。

手根管症候群の早期発見のために、自分でできる自己チェック方法がありますので、気になる症状がある方は、そちらを確認してみてください。

腱鞘炎は、治ります・・・

 
 
◎ 腱鞘炎 テーピングの巻き方(YouTube動画)
手首親指小指足首

◎ 腱鞘炎の名医がいる病院一覧
北海道・東北関東東京都内中部近畿中国四国九州・沖縄