歯周病の主な治療法は、「 正しい歯磨き 」「 歯石の除去 」「 歯肉の手術 」の3つです。

その中でも歯磨きはとても重要です。正しい磨き方を身につけ、きちんとプラークを除去できるようになると、それだけで歯肉の炎症は治ります。

「 歯石 」は、プラークが歯に付着し続けることで、石のように固まってしまったものです。歯石は歯磨きでは取れません。また、歯石ができると、そこにプラークがたまりやすくなり、歯磨きをしてもなかなか取れません。

歯石を除去すると歯周病はよくなりますが、歯磨きを十分にしないと、再びプラークがたまってしまいます。歯石を除去しても、大切なのは歯磨きなのです。

正しい歯磨きと歯石の除去で、多くの歯周病は治ります。

それでも治らない場合には、手術が行われることがありますので、歯周病は早めに気付いて受診することが大切です。

早い段階であれば、歯磨きや歯石の除去でしっかり治せます。

正しい歯の磨き方とは

歯周病を予防するためにも、治療するためにも、正しい歯の磨き方を身につけることが大切です。

基本的な磨き方は、以下の動画を参考にしてみてください。

■プロが教える正しい歯磨きのやり方 前編

■正しいハブラシの使い方

歯の状態や歯並びは、ひとりひとり異なっているので、自分に合った磨き方をする必要があります。

そこで、歯周病が疑われる場合には、歯科を受診して、自分の歯の状態や歯並びに合わせた歯の磨き方を指導してもらいましょう。

ちなみに、歯磨きのタイミングは、食べたらすぐに磨くのが理想的です。

まさか、こんなに簡単に【歯周病】が治るなんて・・・