健康な歯肉は薄いピンク色で、コラーゲンの働きでよく引き締まっています。

しかし、プラーク(歯垢)が付着し、歯周病菌が繁殖した状態が続くと、歯肉に炎症が起きて腫れてきます。この状態が歯肉炎(歯周病の初期の段階)です。

歯周炎は、歯磨きできちんとプラークを除去しておくと、それだけで治ります。

しかし、歯磨きが不十分だと、歯と歯肉の隙間で歯周病菌が繁殖を続けます。そのため、隙間はどんどん深くなり、歯磨きではプラークを取り除けなくなります。

この状態が歯周炎(歯周病の進行した段階)です。

歯周病菌はコラーゲンを分解する酵素を出すため、歯肉は腫れてぶよぶよした状態になります。

また、歯周病菌によって産出される毒素や炎症物質などにより、骨を溶かす働きが高まり、歯槽骨(しそうこつ)が徐々に破壊されていきます。そのため、歯を支えきれなくなり、最終的に歯が抜けてしまうこともあるのです。

まさか、こんなに簡単に【歯周病】が治るなんて・・・