歯周病は、歯肉(歯茎)に炎症が起こる病気で、進行すると歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)も破壊されてしまいます。

日本人の場合、成人の8割以上に歯周病があると言われています。また、歯を失う原因はいろいろありますが、その中で1位を占めいているのは、虫歯ではなく、歯周病なのです。

歯周病の原因とは

歯周病は、歯や歯肉にプラーク(歯垢)が付着することが原因で起こります。

プラークは最近の塊で、中でいろいろな種類の最近が繁殖しています。歯周病の原因となる何種類かの細菌もこの中にいて、それらは「 歯周病菌 」と呼ばれています。

歯磨きが十分に行われず、プラークが残っていると、そこで歯周病菌も増えてしまいます。

歯周病菌は酸素のない環境を好む細菌なので、歯と歯肉の隙間(ポケット)が深くなるとよく繁殖しますので注意しましょう。

まさか、こんなに簡単に【歯周病】が治るなんて・・・