膝の痛みを撮る治療で重要なのが「 運動療法 」ですが、痛みが強いために運動ができないこともあります。

その場合は、薬を用いて痛みを取り除くことが必要です。最近は、「変形性膝関節症」の治療に使うことのできる薬の種類が増えて、薬物療法の選択肢が広がってきました。

薬物療法が行われるタイミング

薬を用いるタイミングは、膝の痛みの程度 によって少しずつ異なります。

痛み予備群の場合は、基本的に薬は用いずに、運動療法と減量で痛みを抑えます。一方急性の痛みのときは、薬物療法を中心に行います。

慢性の痛みには、運動療法と減量を優先して行いますが、痛みの状態に応じて適宜、薬を用いていきます。

極度の痛みがある場合も、運動療法と減量が大切ですが、痛みが強いので、慢性の痛みに対するときよりも早い段階から薬を用いて痛みを抑え、運動ができる状態にします。

膝の痛みを取るための治療の基本は、あくまでも運動療法と減量(体重を減らす)です。薬物療法はあまくまでも運動を行えるようにするための補助的な治療といえます。

自宅でできる処置方法

薬を用いる前に、温めたり、冷やすといった、自宅でもできる炎症を鎮める手当を試すことも有効です。

慢性の膝の痛みは、温めることで痛みを和らげる効果や、血行をよくして「炎症性物質」を流す効果が期待できます。

膝がひどく腫れて痛むような急性の炎症は、冷やして腫れや熱を抑えます。

温める、冷やすなどの処置は、いずれも医師に相談して行いましょう。こうした処置をしても効果がなければ薬物療法を行います。

膝痛の本当の原因とは?
 
 
【 膝痛が治った!体験談・感想集 】
2週間経過し、効果もはっきり現れて来ました。
痛みをこらえながら仕事をしていたのが信じられないほどです。
膝関節症が治りました。
手術で良くならなかった膝痛が解消しました
全く痛みがなくなり、ゴルフもできるようになりました

【 関連記事 】
膝にかかる負荷の大きさと膝を守る体の仕組み
膝の痛みの原因
膝の痛みを予防するには
変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症の治療の基本
変形性膝関節症の痛みが改善しないときは

【 変形性膝関節症の手術 】
①関節鏡手術
②骨切り術
③人工関節置換術
手術後のリハビリテーション