変形性膝関節症の手術後に、日常生活の質をよくするには、手術後のリハビリテーションが大切です。

リハビリテーションの流れの一例

人工関節置換術を例にとると、手術の傷口が落ち着いたら、膝の曲げ伸ばしなどを始めます。

手術から約1週間後には、歩く練習を始めます。

手術から約3週間後には、歩行や階段の上り下りの練習などを始め、約1ヶ月間の入院期間中、歩行や階段の上り下りなどを毎日行い、杖をつきながらも、自分で歩いて退院します。

退院後は、買い物や家事をするなど、いつもどおりの生活を心がけます。通常の生活を送ることがリハビリテーションになります。

まとめ

変形性膝関節症の手術には、主に「 関節鏡手術 」「 骨切り術 」「 人工関節置換術 」があります。

どの方法でも、手術後は適度な運動の継続が大切です。

リハビリテーションをすることで、痛みがなくなり、さまざまなことができるようになるので、積極的に活動しましょう。

膝痛の本当の原因とは?
 
 
【 膝痛が治った!体験談・感想集 】
2週間経過し、効果もはっきり現れて来ました。
痛みをこらえながら仕事をしていたのが信じられないほどです。
膝関節症が治りました。
手術で良くならなかった膝痛が解消しました
全く痛みがなくなり、ゴルフもできるようになりました

【 関連記事 】
膝にかかる負荷の大きさと膝を守る体の仕組み
膝の痛みの原因
膝の痛みを予防するには
変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症の治療の基本
変形性膝関節症の痛みが改善しないときは

【 変形性膝関節症の手術 】
①関節鏡手術
②骨切り術
③人工関節置換術
手術後のリハビリテーション