膝の痛みを防ぐため、スポーツをするときは、その種目の基本となる動作を繰り返して練習し(基礎練習)、毎回準備運動を十分に行いましょう。

また、運動後のクールダウンも大切です。

肥満がある人は、体重を減らすことが大切です。3kg痩せると、階段の下りでの膝への負荷が約10kgも減ります。

最も大切なので、適度な運動を続けていくことです。

ウォーキングや自転車こぎ、水泳など、膝への負担が少ない運動が変形性関節症の予防に適しています。

自宅でできる運動もある

日頃から脚の筋肉を鍛えておくことが、膝の痛みの予防にとても効果的です。

太ももの前側にある「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」や、太ももの裏側にある「ハムストリングス」を鍛える「スクワット」や「フロントランジ」などの筋力トレーニングがおすすめです。

ご自身で動いて筋トレができない場合は、EMSなどの筋肉運動機器を利用するとよいでしょう。

前触れの症状に気づいたら

変形性関節症では、膝が痛くなる前に、前触れとなる症状がみられます。

起床時など、膝の動かし始めに違和感やこわばり、痛みを感じ、すぐによくなるというものです。

寒い時や天気の悪いときだけ違和感や痛みなどが出るのも、前触れの可能性があります。

これらの症状に気づいたら、膝に負担をかけない適度な運動や、脚の筋力トレーニング、ストレッチなどを行うと、予防に有効です。

膝痛の本当の原因とは?
 
 
【 膝痛が治った!体験談・感想集 】
2週間経過し、効果もはっきり現れて来ました。
痛みをこらえながら仕事をしていたのが信じられないほどです。
膝関節症が治りました。
手術で良くならなかった膝痛が解消しました
全く痛みがなくなり、ゴルフもできるようになりました

【 関連記事 】
膝にかかる負荷の大きさと膝を守る体の仕組み
膝の痛みの原因
膝の痛みを予防するには
変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症の治療の基本
変形性膝関節症の痛みが改善しないときは

【 変形性膝関節症の手術 】
①関節鏡手術
②骨切り術
③人工関節置換術
手術後のリハビリテーション