日本で膝の痛みをもつ人は、少なくとも1000万人いるといわれています。

症状がなくても、エックス線撮影によって変形が見られる潜在的な患者を含めると、3000万人に上ると推定されます。

これほど多くの人が膝を傷めてしまうのは、膝は体重を支える重要な関節であり、非常に大きな負荷や衝撃が加わる関節のひとつだからです。

膝に加わる負荷の大きさ

人が立っているとき、片方の膝にかかる負荷は、体重の約1.1倍にも及びます。

単に上体の重さを支えるだけなら、片脚にかかる負荷は体重の半分で済みそうです。しかし実際には、身体が倒れないよう、膝のまわりの筋肉が上下に引っ張り合っているため、その負荷もかかっているのです。

歩く時は、膝への負担はさらに大きくなります。片方の膝に、体重の約2.6倍もの負担がかかります。

特に大きな負荷がかかるのは、階段を下るときです。

この時、先に下ろしたほうの膝には、体重の約3.5倍もの力がかかります。体重が60kgの人なら、片方の膝にかかる負荷は約210kgになります。

これはゆっくりと階段を下りた場合のデータであり、階段を速く下りたり、走ったり、ジャンプしたりすると、膝はさらに大きな衝撃を受けます。

大きな負荷を和らげる構造がある

これほど大きな負荷がかかってもすぐに膝が傷まないのは、膝関節に衝撃を和らげる構造があるからです。

大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の先端には、「 プロテオグリカン 」というタンパク質とコラーゲン線維からできた関節軟骨があり、このおかげで衝撃が和らげられます。

さらに膝関節には半月板(はんげつばん)という、コラーゲン線維からできた特殊な衝撃吸収材があります。

この2つが膝関節を守っているのです。

膝痛の本当の原因とは?
 
 
【 膝痛が治った!体験談・感想集 】
2週間経過し、効果もはっきり現れて来ました。
痛みをこらえながら仕事をしていたのが信じられないほどです。
膝関節症が治りました。
手術で良くならなかった膝痛が解消しました
全く痛みがなくなり、ゴルフもできるようになりました

【 関連記事 】
膝にかかる負荷の大きさと膝を守る体の仕組み
膝の痛みの原因
膝の痛みを予防するには
変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症の治療の基本
変形性膝関節症の痛みが改善しないときは

【 変形性膝関節症の手術 】
①関節鏡手術
②骨切り術
③人工関節置換術
手術後のリハビリテーション