脂肪細胞は、肥満なのない状態では、血管を保護したり糖尿病を予防したりする、よい物質を分泌します。

ところが、内蔵脂肪型肥満があると、肥大化した脂肪細胞から、悪い働きをする物質が分泌されるようになります。この悪い物質が、脂質異常症や高血糖、高血圧を招いたり、動脈硬化の進行を促したりします。

さらに、体のさまざまな臓器に炎症を引き起こし、そこで病気が発症すると考えられています。

また、内臓脂肪は胃や腸の周りに蓄積しやすく、胃や腸から肝臓に向かう血管を通じて、脂肪や、脂肪細胞から出る悪い物質を肝臓へ送り込みます。

その結果、肝臓が担っているコレステロールの産生に乱れが生じたり、肝臓自体にたまって脂肪肝を招いたりするようになります。

ですから、内蔵脂肪型肥満があると、脂質異常症・高血糖・高血圧といったリスクがたとえ小さくても、いくつも重なることによって、動脈硬化のリスクが高まってしまうのです。

 
【 関連記事 】
コレステロールとは?
コレステロール値を正確に知るための血液検査
動脈硬化で起こる病気
内臓脂肪型肥満とは?
内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには
肥満した人の脂肪細胞
動脈硬化になるリスク(喫煙習慣・生活習慣病など)
LDLコレステロールの目標値
コレステロール値を下げるための薬物療法