間違ったケアをすると、
いつまで経ってもカラダは元気になりません。

マラソンのスタートラインで
走る前のストレッチをする選手たち。

これって、当たり前の光景だと思っていませんでしたか?

それが間違いだったなんて・・・

世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ / 仲野広倫

運動前にストレッチすると、パフォーマンスは下がります。
疲労回復や怪我の予防にもなりません。

そもそも開脚や前屈できるカラダが健康で、怪我をしにくいと勘違いしている人もたくさんいます。
前屈で地面に手がつかないアスリートはたくさんいますし、
開脚が得意なヨガインストラクターやプロダンサーは一般の人よりも故障しやすいカラダだと言えます。

間違ったケアをすると、いつまで経ってもカラダは元気になりません。

「最近、体力が落ちたな」
「いつもカラダがだるい、重い」
「少し長い距離を歩くと、腰やひざが痛む」

これらはカラダのキャパシティ(機能運動性)を上げれば解消されます。

そのためには

ジム通いも
1日何百回のスクワットも
バランスボールのようなトレーニング器具も
1万歩のウォーキングも

すべて不要。
本書では全米No.1の日本人スポーツカイロプラクターが
疲れ知らず、衰え知らず、不調なしのカラダになるセルフケア方法を
医学的エビデンスに基づいてご紹介します。

ストレッチなど、なんとなく体に良いと思っていることが
本当はどうなのか?というのが
科学的な視点で解説されているらしい。

何か特別なストレッチが載っているのではなく
日常的な動作で運動機能を高めるような内容
というのはいいかも・・・

腰痛など筋肉や関節に痛みのある方に
おすすめしたいという感想も。

一般的な知識の思い込みから
解放してくれる一冊かもしれません。

世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ