内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには特定検診が有用です。

特定健診を受け、腹囲に加え、血中脂質、血糖、血圧をチェックしましょう。

特定健診は、生活習慣病の発症や重症化を予防する目的で、市区町村や職場で実施されている健康診断です。

特定健診ではまず。おへそを通る高さで腹囲をはかります。男性は85cm以上、女性は90cm以上あると、内蔵脂肪型肥満と判断する目安になります。

腹囲を測ることと併せて、血中脂質・血糖・血圧を調べます。

血中脂質では、HDLコレステロール40mg/dL未満、または中性脂肪150mg/dL以上、血糖では空腹時の値110mg/dL以上、血圧では収縮期血圧130mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上が、診断の基準となります。

その結果、腹囲が目安を超えていて、なおかつ、血中脂質・血糖・血圧の3つの項目のうち、2項目以上に当てはまる場合は、動脈硬化の危険性が高い状態、つまりメタボリックシンドロームと診断されます。

血糖と血圧は、糖尿病と高血圧の診断基準よりも少し厳しい値になっています。

これは、内蔵脂肪型肥満があると、それぞれの値はさほど高くなくても、軽い異常がいくつも重なるにつれ、動脈硬化のリスクが急激に高まり、心筋梗塞や脳梗塞による死亡リスクが一気に上がってしまうからです。

 
【 関連記事 】
コレステロールとは?
コレステロール値を正確に知るための血液検査
動脈硬化で起こる病気
内臓脂肪型肥満とは?
内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには
肥満した人の脂肪細胞
動脈硬化になるリスク(喫煙習慣・生活習慣病など)
LDLコレステロールの目標値
コレステロール値を下げるための薬物療法