内臓脂肪型肥満とは?

脂質異常症、高血糖などを招く、生活習慣病の根本原因

内蔵脂肪とは、肝臓や胃などの臓器の周囲にたまる脂肪のことで、多くの脂肪細胞からなります。

おなかがぽっこりとした肥満は、内蔵脂肪によるもので、このタイプの肥満は内蔵脂肪型肥満と呼ばれています。

脂肪細胞には、余分なエネルギーを脂肪をして溜め込む働きがあります。

そのため、内蔵脂肪型肥満の人の場合、ひとつひとつの脂肪細胞が、脂肪をたっぷりため込んで、肥満がない人に比べて2~3倍の大きさに肥大化します。

おへそまわりの周囲が1cm増えたときには、内臓脂肪はおよそ1kg増えているのです。

内臓脂肪による動脈硬化のリスク

内臓脂肪が増える内蔵脂肪型肥満があると、脂質異常症・高血糖・高血圧を招きやすくなります。したがって、内蔵脂肪型肥満は、さまざまな生活習慣病の根本原因になります。

内臓脂肪が増えることで生じる脂質異常症は、特に血液中のHDLコレステロールの減少と中性脂肪の増加を引き起こします。

そして、たとえLDLコレステロール値が高くなくても、脂質異常症・高血糖・高血圧といった3つの総合力で動脈硬化を促進してしまいます。

ですから、動脈硬化を直接的に引き起こすLDLコレステロールの値が基準値を超えていて、なおかつ、内蔵脂肪型肥満があると、動脈硬化の進行をよりいっそう促進してしまうリスクが、非常に高い状態になります。

 
【 関連記事 】
コレステロールとは?
コレステロール値を正確に知るための血液検査
動脈硬化で起こる病気
内臓脂肪型肥満とは?
内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには
肥満した人の脂肪細胞
動脈硬化になるリスク(喫煙習慣・生活習慣病など)
LDLコレステロールの目標値
コレステロール値を下げるための薬物療法