心筋症などはLDLコレステロールの影響が大きい

動脈硬化が進行すると、命に関わる重篤な病気を招く危険性が高くなります。

脳梗塞

動脈硬化が進行し、脳の血管の一部が完全につまると、脳梗塞を起こします。

脳梗塞は脳の血管が詰まり、その先にある脳の細胞が壊死します。命に関わるうえ、助かっても体の麻痺や言語障害などの重い後遺症が残る場合があります。

心筋症

また、心臓の筋肉(心筋)に血液を供給している冠動脈で動脈硬化が進行し、心筋が一時的に血流不足に陥ると、心筋症になります。

心筋症は、心臓の筋肉に酸素や栄養素を送る血管が狭くなるため、歩いたり運動をすると胸が苦しくなります。

心筋梗塞

動脈硬化がさらに進んで、冠動脈の一部が完全に詰まると、心筋梗塞を発症します。

心筋梗塞は、血管に血栓が詰まり、その先にある心臓の筋肉が壊死します。胸に強い痛みが起こり脂肪する場合もあります。

狭心症や心筋梗塞の発症には、特にLDLコレステロールが深く関係しているとされています。

脂質異常症の危険因子

LDLコレステロールは、個人の体質によって増えたり、女性ホルモンが減少する閉経前の女性や、肉の脂身などに多い飽和脂肪酸のとりすぎでも増えます。

中性脂肪は、食べ過ぎや運動不足、肥満やアルコールの多飲で増えてしまいます。日常の生活習慣にも十分気をつけましょう。

 
【 関連記事 】
コレステロールとは?
コレステロール値を正確に知るための血液検査
動脈硬化で起こる病気
内臓脂肪型肥満とは?
内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには
肥満した人の脂肪細胞
動脈硬化になるリスク(喫煙習慣・生活習慣病など)
LDLコレステロールの目標値
コレステロール値を下げるための薬物療法