コレステロールとは?

コレステロールとは、細胞膜やホルモンなどの原材料となる、体にとって欠かせいない脂質(あぶら)の一種です。

体内のコレステロールは、食物からも吸収されますが、多くは肝臓でつくられ血液に乗って全身の組織に運ばれます。

ただし、脂質であるコレステロールは、そのままでは血液に溶け込めないため、主にLDLHDLの2つの粒子に含まれて、血液中を流れていきます。

LDLに含まれているのが「 LDLコレステロール 」、HDLに含まれているのが「 HDLコレステロール 」です。

悪玉は動脈硬化を促進する

LDLコレステロール

LDLコレステロールは、肝臓でつくられたコレステロールを全身に運ぶという大事な役割を担っています。しかし、LDLコレステロールが血液中に増えすぎると、血管壁の中に入り込むようになります。

すると、血管壁内でコレステロールが固まってこぶのように膨らみ、動脈硬化を引き起こします。

さらに、そのこぶが破れると、破れたところに血栓という血液のかさぶたが生じ、ますます動脈硬化を進めてしまいます。

そのため「 悪玉コレステロール 」と呼ばれています。

HDLコレステロール

HDLコレステロールは、過剰なコレステロールを肝臓に戻す役割を担っています。

血管壁にたまったコレステロールも抜き取って回収するため、動脈硬化の進行を抑えてくれる働きがあります。

そのため「 善玉コレステロール 」と呼ばれています。

 
【 関連記事 】
コレステロールとは?
コレステロール値を正確に知るための血液検査
動脈硬化で起こる病気
内臓脂肪型肥満とは?
内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには
肥満した人の脂肪細胞
動脈硬化になるリスク(喫煙習慣・生活習慣病など)
LDLコレステロールの目標値
コレステロール値を下げるための薬物療法