ピンピンコロリの確率を高めるには・・・

「 グラム単位で大量のビタミンCを摂るとカゼに効果がある 」と、世界の常識を打ち破り大きな反響を呼び起こした ライナス・ポーリング博士 の書籍を2冊手に入れて読んでいます。

40年も前の本なのですが、Amazonで手に入れることができました。

最近、おばあちゃんのパーキンソン病のことや、老人ホームを含めた介護施設のことなんかもいろいろ勉強しているんですが。

病気のことでも、施設のことでも、お金があるかないかで選択肢がかなりかわってくるから、お金は本当に大事。

そして、突然のことで慌てないように、知識を入れておくことも大事。

でも、やっぱり何をおいても一番大事なのは「 健康 」なんですよね。ほんと、ありきたりな言い方になっちゃうんですけど。

・・・ということで、最近やっと自分の身体のことにもちゃんと意識を向けるようになって、知り合いの方から紹介してもらったライナス・ポーリング博士の書籍も、かなり衝撃を受けながら読んでいます。

ポーリング博士の本とはまた別の文献なのですが、ビタミン研究に関わったノーベル賞学者や研究者の人たちのデータがあって、みなさん驚くほど長生きなんです!

1800年代~1900代初頭生まれの方で、享年80~90歳以上という方がずらりと並んでいてスゴイなと思いました。

ビタミンの有用性を自身の研究から確信して、生活に取り入れることで、当時の平均寿命以上の天寿をまっとうしています。

昔と今では食事も生活も違うし、戦争を経験して意識だって違うし・・・なんて思っていたけど。ピンピンコロリで長生きするには、シンプルな栄養学の基礎をきちんと学ぶ ということも必要ですね。

日本ではかなり情報が操作されていますし、アメリカなどに比べると何十年も遅れをとっていますから・・・