うどんが自分で食べられるまでに!(滋賀県 西田さんの体験談)

私は一年前より、パーキンソンと診断され、病院で処置を受けて
いましたが、そこまで重度ではないのですが、咳払いをしながらの食事で、ついに、御粥も、ミキサーにかけなければ、自分で食事も喉を通らない状態なりました。

そんなある日に、ネットを見ていると、このケアプログラム があることを知り、さっそく購入して、自分で出来る範囲のことを、実践しました。

続けて行くうちに、喉ごし良いうどん等が、食べれるようになり、おかげ様で、
快方に向かい、一か月後には普通食に戻ることできました。

本当に有り難うございました。

今後は、ケアプログラムの範囲を広げ、薬なしでいけるように、頑張ります。

食事が自分でできるかどうかというのは、生活度の満足度や本人の意識という点でも重要なポイントになります。

西田さんは、1ヶ月間で喉ごしのいいうどん⇒普通食へと回復していったことで、体調の変化をしっかりと感じられたようです。

薬なしでも大丈夫なところまで、頑張ってほしいですね。

西田さんが実践した、パーキンソン病の改善方法はこちらです。

症状がどんどん進行してしまい、手遅れになる前に・・・

【 パーキンソン病 関連記事 】
パーキンソン病のリハビリ体操PDFを見つけました
パーキンソン病を改善する効果がある食べ物、食べ方はある?
パーキンソン病の名医と呼ばれる医師がいる病院

【 パーキンソン病 基礎知識 】
パーキンソン病の症状
パーキンソン病の原因
進行の度合い「ヤール重症度」
初期症状の発見と診断