だんだんと足取りもしっかりとしてきました(東京都 森田さんの体験談)

私は5年前からパーキンソン病と診断されて、薬を処方されていましたが、
飲んでも飲んでも倦怠感や足のだるさが取れずにいました。
そんな時に先生よりこの方法を教えてもらい、早速試し始めて1ヶ月が経過。
すると、だんだんと足下もしっかりしてきてちょっとだけ歩けるようになったのです。
本当に自分でもびっくりしました。今はおかげさまで体のだるさも和らいできました。
本当に感謝致します。

自分で歩けるようになるというのは、=やりたいことができるようになる、ということだと思います。

森田さんは、パーキンソン病ケアプログラム を実践することで体のだるさも和らいで、気分も前向きになってきたのではないでしょうか。

少しずつ歩ける範囲が広がって、やりたいことができるようになり、毎日の生活がより良いものになるといいですね(^^)

森田さんが実践した、パーキンソン病の改善方法はこちらです。

症状がどんどん進行してしまい、手遅れになる前に・・・

【 パーキンソン病 関連記事 】
パーキンソン病のリハビリ体操PDFを見つけました
パーキンソン病を改善する効果がある食べ物、食べ方はある?
パーキンソン病の名医と呼ばれる医師がいる病院

【 パーキンソン病 基礎知識 】
パーキンソン病の症状
パーキンソン病の原因
進行の度合い「ヤール重症度」
初期症状の発見と診断