「脚がむずむずして、不快感を感じる。」

「じっとしているときに悪化する。」

「脚を動かしたいという衝動にかられて
 実際に動かすと楽になる。」

「夕方から夜にかけて辛くなる。」

この4つの症状が揃ったら「むずむず脚症候群」と診断されます。

むずむず脚症候群とは?

むずむず脚症候群とは、その名の通り、脚がムズムズする不快感や痛みによる慢性的な病気。

レストレスレッグス症候群(レストレスレッグスしょうこうぐん)、下肢静止不能症候群(かしせいしふのうしょうこうぐん)とも呼ばれます。

脚が異常に「むずむず、もぞもぞする」「ぴりぴり、ちくちく痛い」「かゆい」「くすぐったい」「虫が這うよう」「ほてる」「脚の中をかきむしりたい」

など、人によって表現の仕方は様々ですが、脚を動かしたくてたまらなくなる、という症状が特徴。
 
[char no=13 char=”無(チエゾー)”]主に脚に起こる症状ですが、人によっては腰回りや内もも、おしり、腕などに症状が出る場合もあります。[/char]

睡眠障害の原因になることも

「日中眠くてたまらない」「集中力がなくなって、勉強や仕事にも影響が出る」

むずむずする症状の不快感で、夜なかなか寝付けないだけではなく、夜中に目が覚めてしまったり、深く熟睡できないために慢性的な睡眠不足状態になることも。

むずむず脚症候群の患者さんの約60%が睡眠障害と言われていて、疲労感や日中の眠気に悩まされています。

どうして脚がむずむずするの?

 
むずむず脚症候群は、
自宅で改善することができるんです・・・
 
 

むずむず脚症候群について

むずむず脚症候群とは?
どうして脚がむずむずするの?
むずむず脚症候群の症状が出る原因

むずむず脚症候群の治療・改善方法

むずむず脚症候群の検査・治療方法
病院は何科を受診したらいいの?
むずむずする症状の対処方法
・ 日常生活で気をつけること
 
 
むずむず脚症候群を改善した方々の体験談

むずむず脚専用【HQLスムージングマッサージクリーム】