以前、NHKテレビ「ためしてガッテン」で
歯周病と糖尿病の関係
について紹介されていました。

歯周病が糖尿病を悪化させるって・・・
どういうことなのでしょう?

歯周病と糖尿病の関係性

糖尿病は、血液中の阻害物質が増えることで、
インスリンの働きが弱くなってしまうのですが

近年の研究で、
歯周病で歯茎が炎症をおこすと
阻害物質が増えてしまう

ということが分かってきています。

免疫細胞のマクロファージが
体内に侵入してきた細菌と戦うために
阻害物質を出すことが原因。

歯茎で歯周病菌とマクロファージの戦いがおこると
マクロファージが阻害物質を出し
その結果、インスリンの働きが弱まり
糖尿病が悪化してしまう、ということなのです。

歯周病を放置しておくと悪循環に・・・

糖尿病が悪化し、免疫が下がった状態になると
ますます歯周病菌が増え、
その度に阻害物質が増え、

インスリンの働きが弱まり
糖尿病が悪化する・・・

この悪循環にハマってしまうと
どうにもならなくなります。

歯周病は口の中だけの病気と思っていましたが
体の中まで悪影響を及ぼすのですね・・・

手遅れになる前に・・・
歯周病を改善して、負のサイクルから抜け出しましょう。

こんなに簡単に、歯周病が治るなんて・・・