歯周病って、初期の段階では、ほとんど自覚症状がないらしい。

症状が出た時にはすでに歯周病が進行して
最悪の場合は、抜歯をすることも・・・

自分でできる歯周病のセルフチェック項目を
3つの段階(ステージ)に分けて
ピックアップしてみました。

まずは、初期段階の歯肉炎から順を追ってみていきましょう!

歯周病の症状をセルフチェック

ステージ1 歯肉炎

・歯茎がぶよぶよして赤く腫れている
・硬いものを食べたり、歯磨きをしたときに血が出る
・朝起きると口の中がねばねばしている

ステージ1の歯肉炎は、歯周病の初期段階なので
思い当たる項目がある人も多いのでは?

初期段階と言っても油断は禁物。
放置しておくと症状は進行していくので
早めの対策が必要です!

ステージ2 歯周炎

・歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが詰まりやすい
・歯が長く見える気がする
・口臭がする

ステージ2の歯周炎は、歯茎が下がったり
歯と歯の隙間が空いて食べカスが挟まりやすくなるのが特徴。

ほっておくと歯槽膿漏の状態になり
歯医者さんでの治療が必須となってきます。

ステージ3 歯槽膿漏

・歯肉を押すと膿が出てくる
・歯がぐらぐらする
・歯の根っこまで見える

ステージの3の歯槽膿漏まで進むと
やがて歯がぐらぐらして、根元まで見えるように・・・
早急な治療が必要になります。

あなたの歯茎の状態は、どの段階でしたか?

手遅れの状態になる前に・・・
スッキリと健康な歯茎を取り戻しましょう。

こんなに簡単に、歯周病が治るなんて・・・