逆流性食道炎の診断には
問診、食道内視鏡検査(胃カメラ)に加えて

補助的な役割の専門的な検査として
食道への酸の逆流状況を連続的に観察する

「24時間pH(ペーハー)モニタリング検査」

という方法もあります。

24時間pHモニタリング検査とは

先端に小さなpH測定装置のついた細い管を
鼻孔から食道内に入れて
24時間にわたって食道内のpHを測定します。

管を通したまま、食事や睡眠など
通常の生活をしながら行うこの検査は
専門的な施設でしか行っていない方法。

ただ、こちらの検査も
胃カメラが苦手な方には辛いかも・・・

わたしも以前
鼻孔からカメラを入れる検査を
受けたことがありますが

「おえーーーっ!」となって
涙を流しながら受けました・・・

逆流性食道炎の正確な診断には
食道内視鏡検査(胃カメラ)が
必至かと思われますが

「どーーーしても胃カメラは嫌!」

という方には、「PPIテスト」という
食道に器械を入れない
簡単な検査方法もあるようです。

こちらの解説は
次の記事につづきます。

逆流性食道炎の辛い症状に悩まされているあなたへ・・・
 
慢性化した逆流性食道炎の症状 でも、
薬に頼らず、健康的に改善させる方法 があります。

その「 方法 」とは・・・?
 
 


 
■逆流性食道炎の原因は?

逆流性食道炎(GERD)とは?
逆流性食道炎の原因は?
①生活習慣(食生活)の問題
②お腹に圧力がかかる体型
③その他の要因(一部の治療薬など)

■逆流性食道炎の症状をチェック!

逆流性食道炎の症状をチェックしてみよう!
①食道や胃などの消化器官の症状
②食道以外(喉・咳など)の症状
③自律神経の乱れに伴う症状

■逆流性食道炎の診断検査方法

基本的な逆流性食道炎の診断検査方法・費用・時間
補助的な診断・検査方法「24時間pH(ペーハー)モニタリング検査」
検査は胃カメラ以外でもできる?薬を内服するだけのPPIテストとは

■逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の薬はどんなものが処方されるの?
逆流性食道炎の薬(PPI)に副作用はある?
逆流性食道炎の薬(PPI)はどのくらいの期間飲み続ければいいの?

■逆流性食道炎で注意すべき食事

逆流性食道炎で注意すべき食事・食材
①胃酸の分泌を増やす食材
②食道の粘膜を刺激する食材
 
 
逆流性食道炎を克服した方の体験談