逆流性食道炎で注意すべき食事②
「食道の粘膜を刺激する食材」

胃酸の分泌を増やす食材とともに注意したいのが
「食道の粘膜を刺激する食材」です。

食品そのものが
食道の粘膜を刺激して
不快な症状をおこしやすくなります。

これらは、意識して控えることで
症状が軽くなることが多い食材ではありますが
個人差がありますので

「逆食のきっかけになる食材」

をご自分の経験・体感から
見極めていくことが大切です。

刺激の強いもの

・ 香辛料(カレーなど)
・ ミント
・ しょうが(少量ならOK)
・ わさび(少量ならOK)
・ にんにく

酸味が強いもの

・ 酢の物
・ レモン
・ グレープフルーツ
・ みかん
・ 他、酸度の高い柑橘類
・ トマト
・ 梅干し

甘みが強いもの

・ 和菓子
・ ケーキなどのデザート類
・ ドーナツ
・ 菓子パン
・ 飴

飲み物

・ お酒(アルコール類)
・ フルーツジュース
・ コーヒー(デカフェも含む)
・ 炭酸飲料

あれも、これも・・・

これじゃあ、食べられるものがない(∋_∈)

と思われたかもしれませんね。。。

たしかに、食事に注意すると
症状は軽くなりますが・・・

過度の食事制限は
食事の楽しさや生活の楽しさを
奪ってしまいますよね。

最初にも書きましたが

「逆食のきっかけになる食材」
には個人差があります。

食べてみて、その後に
胸焼けなどの症状が辛くて困った
という食材は避ける。

その他のものは
量や頻度に注意しながら食べる。

というように
厳密過ぎない食事制限で
ストレスを溜めないようにするのが
おすすめかな、と思います(^_^)

ただし!

治療中は、飲酒や喫煙

また、高脂肪食や大食い
早食いなどの習慣は
改めることを強くおすすめします。

肥満にもご注意を!

逆流性食道炎の辛い症状に悩まされているあなたへ・・・
 
慢性化した逆流性食道炎の症状 でも、
薬に頼らず、健康的に改善させる方法 があります。

その「 方法 」とは・・・?
 
 


 
■逆流性食道炎の原因は?

逆流性食道炎(GERD)とは?
逆流性食道炎の原因は?
①生活習慣(食生活)の問題
②お腹に圧力がかかる体型
③その他の要因(一部の治療薬など)

■逆流性食道炎の症状をチェック!

逆流性食道炎の症状をチェックしてみよう!
①食道や胃などの消化器官の症状
②食道以外(喉・咳など)の症状
③自律神経の乱れに伴う症状

■逆流性食道炎の診断検査方法

基本的な逆流性食道炎の診断検査方法・費用・時間
補助的な診断・検査方法「24時間pH(ペーハー)モニタリング検査」
検査は胃カメラ以外でもできる?薬を内服するだけのPPIテストとは

■逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の薬はどんなものが処方されるの?
逆流性食道炎の薬(PPI)に副作用はある?
逆流性食道炎の薬(PPI)はどのくらいの期間飲み続ければいいの?

■逆流性食道炎で注意すべき食事

逆流性食道炎で注意すべき食事・食材
①胃酸の分泌を増やす食材
②食道の粘膜を刺激する食材
 
 
逆流性食道炎を克服した方の体験談