食後の胸焼け、げっぷや胸痛など
辛い症状を引き起こす
逆流性食道炎の原因を探ってみましょう!

1.逆流を防ぐ機能の低下

逆流性食道炎がおこる最も大きな原因は
「胃酸が食道に逆流する」ということ。

逆流の原因はさまざまですが
食道の胃のつなぎめにある
フタのような役割をしている
「下部食道括約筋(かつやくきん)」が
ゆるんでしまうことが原因のひとつ
です。

食べ過ぎたときって
げっぷがでますよね?

このときに、空気だけではなく
胃酸が逆流してしまい
症状を引き起こします。

では、どうして
「下部食道括約筋(かつやくきん)」が
ゆるんでしまうのかと言うと・・・

ひとつは、暴飲暴食、高脂肪食など。

また、胃の働きが悪くて
いつまでも食べ物が胃に残ってしまう人も
よくおこります。

よく噛まずにまる飲みしてしまうような人も
空気を大量に飲み込むために
げっぷが出やすく、それとともに
胃酸も逆流しやすくなります。

これは、無意識にやってしまっている人
けっこう多いのではないでしょうか・・・

前かがみの姿勢や肥満など
お腹に圧力のかかりやすい体型の人も要注意!

これらも食道への逆流がおこりやすくなる
原因のひとつです。

その他、狭心症や高血圧の治療薬の一部には
括約筋を弱めてしまうものがあるなど
薬の影響で逆流の症状が出てしまう場合も。

2.胃から十分な酸が出ている

自律神経が乱れていたり
ピロリ菌の除去をしてしまったために
胃酸過多になっていると
逆流性食道炎の症状をおこしやすくなります。

3.食道粘膜が過敏になっている

逆流してきた酸などに
食道粘膜が敏感に反応すると
食道炎にはなっていなくても
強い症状(胸焼けや胸の痛み)がおこります。

内視鏡検査では炎症が見られなくても
顕微鏡でしか分からないような
変化がおこっていると考えられています。

・・・・・・・・・・・・・

これらの状況が揃った時に
逆流性食道炎になりやすくなります。

どれか当てはまるものや
心当たりがあるものはありましたか?

次に、知らず知らずのうちにしてしまっている
生活習慣について見ていきましょう!

逆流性食道炎の辛い症状に悩まされているあなたへ・・・
 
慢性化した逆流性食道炎の症状 でも、
薬に頼らず、健康的に改善させる方法 があります。

その「 方法 」とは・・・?
 
 


 
■逆流性食道炎の原因は?

逆流性食道炎(GERD)とは?
逆流性食道炎の原因は?
①生活習慣(食生活)の問題
②お腹に圧力がかかる体型
③その他の要因(一部の治療薬など)

■逆流性食道炎の症状をチェック!

逆流性食道炎の症状をチェックしてみよう!
①食道や胃などの消化器官の症状
②食道以外(喉・咳など)の症状
③自律神経の乱れに伴う症状

■逆流性食道炎の診断検査方法

基本的な逆流性食道炎の診断検査方法・費用・時間
補助的な診断・検査方法「24時間pH(ペーハー)モニタリング検査」
検査は胃カメラ以外でもできる?薬を内服するだけのPPIテストとは

■逆流性食道炎の治療方法

逆流性食道炎の薬はどんなものが処方されるの?
逆流性食道炎の薬(PPI)に副作用はある?
逆流性食道炎の薬(PPI)はどのくらいの期間飲み続ければいいの?

■逆流性食道炎で注意すべき食事

逆流性食道炎で注意すべき食事・食材
①胃酸の分泌を増やす食材
②食道の粘膜を刺激する食材
 
 
逆流性食道炎を克服した方の体験談