ハワイ旅行中に立ち寄った「ワイケレアウトレット」にあるサプリメントショップで、脳の血流を良くするビタミンB12のサプリメントを購入してきました。

遺伝子検査結果のアドバイスから、ビタミンB群を摂るようにしたほうがいいんだな~と思っていたのですが。

サプリメントやハーブなどに詳しい方が「ビタミンB12のリキッド」を買っていたので、よくわからないけどわたしも買ってみました(笑)

ということで、ホテルに帰ってから、ビタミンB12の効果効能を調べてみると・・・

ビタミンB12の働き

ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助ける「造血のビタミン」とも呼ばれる成分。

脂肪の成分となじみやすい性質があるため、脳に簡単に入り込んでそこで汚れを洗い流したり切れているところをつないだりして、元の姿に修復する働きを持っていて、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあるそう。

ビタミンB12の摂取量・摂取方法

ビタミンB12の一日の摂取基準は、12歳以上の男女ともに、推定平均必要量は2.0μg(マイクログラム…1mgの千分の一)で、推奨量は2.4μg。

ビタミンB12は葉酸の吸収を補助する役割があるため、一緒に摂取すると体内への吸収率がアップ。

ちなみに、過剰にとっても必要以上には吸収されないので、とり過ぎになる心配はないそうです。

ビタミンB12の効果

・悪性の貧血を予防する
・神経の働きを正常に保つ
・動脈硬化や脳梗塞の予防
・不眠症改善
・消化器官の不調の回復

いろいろな効果があるようですが、脳梗塞の予防になりそうなので、自分には合っているかも。

おじいちゃんが脳梗塞で亡くなっていて、たぶん父親もそのけがあったと思うし、遺伝子検査の生活習慣病リスクの項目でも、脳梗塞のリスクは中くらいだったので。

脳の血流がよくなることで集中力が増す、という効果にも期待したいところ。

はっきりとした効果が感じられるかわかりませんが、2本購入したので、しばらく続けて様子をみてみようと思います(^_^)

 
【 関連記事 】
コレステロールとは?
コレステロール値を正確に知るための血液検査
動脈硬化で起こる病気
内臓脂肪型肥満とは?
内蔵脂肪型肥満かどうかを調べるには
肥満した人の脂肪細胞
動脈硬化になるリスク(喫煙習慣・生活習慣病など)
LDLコレステロールの目標値
コレステロール値を下げるための薬物療法