日々仕事でパソコンを使っていると、
マウス操作で右手の手首や人差し指が痛くなることがありますよね。

マウス 腱鞘炎

でも、痛みが出ても、やることが残っていると
手を休ませることができない。

あともうちょっとこれをやりたい・・・
まだまだ作業が終わらない・・・
今は手を止められない・・・

そんな状況の時は、
テーピングで手首や人差し指を固定して
できるだけ動きを抑えることが大切です。

テーピング方法(巻き方)が紹介されている動画を参考に
これ以上痛みが悪化しないようにサポートしてみてください。

腱鞘炎のテーピング(マウス操作で手首や人差し指が痛む時)

2012/09/01 に公開
腱鞘炎で手首や人差し指が痛む時に役に立つテーピングです。
2本の伸縮性のあるテープを使用して症状を改善することができます。
解説は東京有明医療大学 保健医療学部 柔道整復学科の中澤正孝先生(柔道整復師)です。

ひとりで貼るのは難しいかもしれないので、
まわりの方に動画を見てもらって
同じようにテーピングをしてみてくださいね。

その他のテーピング方法は、こちらの記事をご参考になさってください(^_^)

【手首】腱鞘炎 テーピングの巻き方(YouTube動画)
【親指】腱鞘炎 テーピングの巻き方(YouTube動画)
【小指】腱鞘炎 テーピングの巻き方(YouTube動画)
【足首】腱鞘炎 テーピングの巻き方(YouTube動画)

腱鞘炎は、治ります・・・

 
 
◎ 腱鞘炎 テーピングの巻き方(YouTube動画)
手首親指小指足首

◎ 腱鞘炎の名医がいる病院一覧
北海道・東北関東東京都内中部近畿中国四国九州・沖縄