とにかくイライラする!

そんな症状を改善する食べ物について、西洋医学(栄養学)と東洋医学(薬膳)の面からみていくと、以下のような食材がおすすめだそうです。

西洋医学(栄養学)

イライラしていると「カルシウムが足りないんじゃない?」なんて昔からよく言われますが、やはりこれ、効果的なようです。

カルシウムの吸収率を上げてくれるのが「クエン酸」。そしてカルシウムの吸収を促すのが「ビタミンD」で、きのこ類・卵・魚卵・肉類・乳製品などに豊富に含まれています。

クエン酸+乳製品で、「ヨーグルトにレモン」を加えて食べるのがおすすめだそう。

東洋医学(薬膳)

更年期障害のイライラやのぼせにいいと言われている漢方薬などに用いられる「生薬ハッカ(ミント)」は、もやもや解消に効果的。

鎮痛・解熱・デトックス作用のある「菊の花」を乾燥させたものをお茶にして香りを楽しむもおすすめ(菊花茶)。

そして、香り高い「セロリ」にも同じような効果があるそうです。