「パーキンソン病・うつ・認知症に著効あり!と医師が勧めるムクナ豆」

「パーキンソン病の歩行困難、ふるえが大改善!
本人も家族も笑顔復活 ムクナ豆の粉末」

というタイトルでムクナ豆のことが紹介されていた、健康雑誌「ゆほびか」「壮快」の紙面を、図書館でコピーしてきました。

健康雑誌の記事タイトルって、スポーツ新聞並にセンセーショナルですよね(笑)

「著効あり!」とか「大改善!」とか書いちゃっても大丈夫なんだろうか・・・と思ってしまうけど(^_^;)

(著効=医療などにおいて薬や施術が著しく効果をもたらすこと。薬がよく効くこと)

実家のおばあちゃんには電話でムクナ豆の話はしてあるのだけれど、詳しいことは、こういったお医者さんの話や、実際に飲んで改善した方の体験談を読んだほうが分かりやすいですよね。

このために本数冊を買うとけっこうな金額になるけど、図書館でコピーしたら60円(笑)ありがたいです。

パーキンソン病関連の話題として掲載されていたのは、「ゆほびか 2016年5月号」と「壮快 2014年3月号」です。各4~8ページほど。

その他の雑誌は、精力がつきます、みたいな内容でした。いろんな効果があるんですね(笑)

楽天市場で購入予定のムクナ豆パウダーと一緒に、雑誌のコピーも送ってあげようと思います☆

症状がどんどん進行してしまい、手遅れになる前に・・・

【 パーキンソン病 関連記事 】
パーキンソン病のリハビリ体操PDFを見つけました
パーキンソン病を改善する効果がある食べ物、食べ方はある?
パーキンソン病の名医と呼ばれる医師がいる病院

【 パーキンソン病 基礎知識 】
パーキンソン病の症状
パーキンソン病の原因
進行の度合い「ヤール重症度」
初期症状の発見と診断