ごくたまに、お腹に赤いぶつぶつ(湿疹?)ができることがあります。

↓ 今回はおへその両脇に、こんな感じで出ました。

お腹の赤いぶつぶつ(湿疹)

広範囲に出る場合は、お腹だけではなくて太ももなどの柔らかい場所にも。

痛くもかゆくもない、という点はありがたいんですが。見つけたときはドキッとしちゃいます。

一度、帯状疱疹のようなひどい湿疹が出て、ぶつぶつ同士がくっついて大きくなり、お腹に世界地図のようなものができる。というのを体験しているんです。(原因は飲水だった)

その症状と比べると分かりやすくて、今回の場合は時間とともに治まるタイプなので、一晩寝て様子を見て、予想通り、だいたい2日くらいで落ち着いたかな。

麻酔を体外にデトックス?

特にストレスとか疲れとかを感じていたわけではないし、食事もいつも通りだったので、別の原因を考えてみると・・・

歯医者の麻酔 が原因なのではないかと。

麻酔をしたときもかなり痛かったし(量が多そうだった)、夜に処置をして翌日の朝まで痺れがのこっていたので。

たぶん体に残った麻酔(もしくは体に有害なもの)を、肌から外に排出するための湿疹だったんじゃないかな、と。

こういうときはいいお水を普段以上にたっぷり飲んで、デトックスの手助けをするようにします。

今後もしばらく歯医者での処置は続いて、外科的な処置をするタイミングもあるので、気をつけていこうと思います。